【集中力・記憶力アップ】【ダイエット効果】【腸内環境の改善】【満腹感の持続】を期待でき、あらゆる方向からあなたのパフォーマンスを上げてくれるでしょう。

バターコーヒーという言葉から「太りそう、体に悪そう、カロリーが高そう、油っぽそう・・・」というイメージがあるかもしれませんが、その様な事はありません。大事なのは【カロリー】ではなく、【栄養素と質】です。
コーヒーの中に含まれるカフェインは頭を冴えさせ、記憶力を高めます。更にコーヒーに含まれるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は腸内のやせ型細菌を増やす働きがあると言われています。 バターやMCTオイルには満腹感を持続させる効果があり、更にMCTオイルにはケトン体を早く生成することを促す効果もあるのでエネルギー効率が良くなり、脂肪燃焼促進や疲れにくくなるという効果をもたらします。
良質のオイルがたっぷり入っている一方、バターには糖質はほとんど入っていないので(1杯あたり0.02g)、血糖値が上がることはありません。 その結果、集中力の低下や眠気が起こらず、仕事や勉強に集中することが出来るのです。
ドリップの際に紙のフィルターではなく、金属フィルターまたはフレンチプレスを使用することで、抗酸化作用のあるコーヒーオイルも一緒に抽出する為、酸化ストレスを軽減し、エイジングケアも期待できます。

朝食をバターコーヒーにする事で、体脂肪を燃焼しやすい状態で1日をスタート出来ます。
「コーヒーだけではお腹が空いてしまうのでは?」と思われる人も多いと思いますが、バターやオイルには満腹感を持続する効果があります。 また、血糖値の乱高下が起こらない為、集中力が持続し、日中のパフォーマンスが向上します。
通常の一人前の食事では、満足出来ずついつい食べ過ぎてしまうという人にはお食事前にバターコーヒーを飲む事をオススメします。 満腹感を持続する効果がある為、過食を抑え、適量の食事で満足できるでしょう。
また、食事を摂る時間が無い時にはお食事の代わりにしても空腹感を感じにくいはずです。
ただ「3食全てをバターコーヒーだけにする」など、飲み方を間違えてしまうと栄養不足となりますのでご注意下さい。
当店では、バターコーヒー以外にバター紅茶もご用意しております。 素材にこだわり、無農薬無化学肥料で栽培されたアッサム系の紅茶を使用しております。 紅茶ポリフェノールやカフェインも含まれる為、抗酸化作用・頭を冴えさせる効果・記憶力をアップする効果も期待できます。 ミルクティーのような優しい味わいで、バターコーヒーとは違った味を楽しめるはずです。 是非お試しください。
カフェインは、集中力や記憶力を高める働きをするとても良い成分です。 しかし体質的に合わない方や妊娠中の方、就寝時間が近い方は控えた方がいいと考えています。 飲むタイミングや体調によって、カフェインレスメニューを取りいれましょう。

※カフェインレスメニューは完全にカフェインゼロではありません。
※当店のカフェインレスコーヒー豆は、スイス式水抽出法です。

▲トップへ戻る