MCTオイルとは、ココナッツ油やパーム核油などに含まれる天然成分であり、脂肪酸の一種のことをいいます。
MCTオイルは中鎖脂肪酸(炭素数8~12個)に分類され、長鎖脂肪酸(炭素数14個以上)に比べて体内での消化吸収の時間が早い為、摂取後エネルギーに変わりやすく体に中に溜まりにくい性質を持ちます。
また、ケトン体生成を促進するなど糖質制限をしている人にとって大切なエネルギー源となります。
▲トップへ戻る